日本を支える
世界を支える
組立加工技術。

  • 現場の様子
  • 現場の様子
  • 現場の様子

日東精機株式会社

日東精機は、振動試験装置および振動を計測する各種機器のコア部分等を、長年にわたって製造する組立・加工のメーカーです。振動試験装置の組立、部品の加工、据付工事等の現地作業、保守・メンテナンスまでを一貫してサポートできる総合力を生かし、質の高い技術・サービスをお客様へご提供します。

事業案内

日東精機を支える3つの部門

組立部門

組立部門

お客様のオーダーや設置環境にあわせてカスタマイズされた仕様に沿って、各種装置・機器の組立作業に取り組んでいます。ネジの締め具合や角度などを感覚レベルで覚えた作業者が、慎重を期して取り組んでいます。

加工部門

加工部門

フライス盤、NC旋盤とMCを組み合わせた複合加工機などを駆使し、振動検査装置や計測機器などに使用する各種精密部品の加工・製造を行っています。

巻線部門

振動検査装置や計測機器に内蔵する各種コイルを製造します。使用する素材の物性に合わせ、作業速度を調整する必要があるため、熟練した高い技術が不可欠です。

巻線部門

商品案内

振動試験・計測器のトップメーカー、IMV株式会社の製品を中心に製作。 汎用機では難しい、特殊機械の開発設計・製作も行います。

6自由度振動試験装置(IMV社製)

油圧球面軸受を組み合わせた6自由度動作が可能な振動試験装置。人体の振動感覚実験用の微笑振動が再現可能な精密加工技術が活かされている。

IMV製品情報はこちら

3自由度振動試験装置(IMV社製)

油圧の平面軸受が組み込まれており、軸受は軽合金で構成されている。部品の振動耐久試験用装置であり、高い加工技術と信頼性が要求される製品である。

IMV製品情報はこちら

会社案内

会社概要

商号 日東精機株式会社
所在地 大阪市西淀川区竹島2丁目6番10号
TEL. 06-6478-2511
FAX. 06-6478-2512
設立 1952年5月
資本金 1,000万円
役員 代表取締役社長 青木 秀修
取締役工場長 南 陽治
取締役 船谷 和弘
監査役 濱里 一也
事業内容 ・動電式振動試験装置の製作・組立・調整
・油圧軸受の製作・組立・調整
・加振治具の設計・製作
・一般機械加工・組立・調整
従業員数 31人
年商 7億円(2017年9月度実績)
主要取引先 IMV株式会社
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 梅田支店
りそな銀行 堂島支店
株主 IMV株式会社

沿革

1952年5月 神戸市長田区若松町に連続搾油機専門部品製作販売を目的として設立 資本金60万円
1955年3月 株式会社小松製品と取引開始
三栄電器貿易株式会社より医療器具の受注製作
1958年5月 株式会社国際機械振動研究所(現IMV株式会社)より振動計、動電式振動試験装置等の部品より組立調整まで一貫して受注
1959年5月 業務の拡充に伴い、神戸市長田区菅原通に移転
1965年9月 工場拡張
1968年5月 資本金120万円に増資
1969年6月 新光電子株式会社差動変圧器の製作受注
9月 資本金200万に増資
1972年 資本金300万に増資
1976年5月 業務の拡充に伴い、神戸機械センターに移転
1982年6月 積水化学株式会社開発部より歯科用電気炉部品製作受注
1985年6月 資本金600万円に増資
1987年3月 資本金800万円に増資
1989年10月 資本金1,000万円に増資
1994年9月 IMV株式会社の100%出資の子会社となる
2005年5月 大阪市西淀川区竹島に移転

〒555-0011 大阪市西淀川区竹島2-6-10 IMV構内
Tel.06-6478-2511 Fax.06-6478-2512

■主要設備

NCフライス4番、マシニングセンター6番、NC旋盤LB-15、芯高8尺旋盤、6尺旋盤、コンターマシン#150、卓上ボール盤、ラジアルボール盤1700 電気・ガス溶接設備、大型旋盤(外径1000×長さ3000)、複合加工機(INTEGREX400)

主要設備

工場長からのメッセージ

当社はIMVグループの一員として、振動試験装置等の製造から組立、設置、保守等をワンストップでサポートするべく日々業務に取り組んでいます。昨今の製造業ではめずらしい平均年齢の若さながら、社員一人一人が「お客様のために」との大いなる使命感を持ち、担当する業務に強い誇りと責任を持って、各部門で活躍してくれています。

お客様にご提供する各種装置・製品の確かな品質管理はもちろんのこと、さらに技術力の向上を図るべく、全社員で力を合わせ取り組んでまいります。

日東精機株式会社  取締役工場長 南 陽治


Pagetop